×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東急電鉄 歴史



東急電鉄という会社
(東急グループ)

東急グループの中核企業となっており、
鉄道自動事業以外にも事業割合は高いものとなっています。
不動産事業やホテル事業と言ったものは、
もはや鉄道事業をも上回るほどの収益で、
連結売上高については日本1位となっています。

収益では他の分野に負けてはいますが、
東京急行電鉄の鉄道会社は、
東急グループ内外の事業中核会社としてあり、
東急本社などと言われています。


『東急電鉄』の歴史

歴史を振り返れば、
高級住宅街と称されていた田園調布の開発主体で、
田園都市株式会社の鉄道部門のみを、
1922年に分離された、目黒蒲田電鉄が発端になり、
戦後の今でも田園都市線や多摩田園都市の開発など、
この地域の発展に勤めます。

戦時統制時は、小田急電鉄や京浜電気鉄道を合併し、
東京急行電鉄と合併。
相模鉄道の運営までも、するようになる、
大東急と呼ばれる東京急行電鉄の時代が到来しました。

しかしながら、戦後の独占禁止法などにより、
経営は分離して今の形になっています。


東急電鉄 列車
東急電鉄 列車


戻る
戻る